潤滑ゼリーの基本的な使い方や知識

潤滑ゼリーの基本的な使い方や知識

性行為をサポートしてくれるアイテム、潤滑ゼリー。
具体的にどのように使用するのか?どんな人におすすめなの?
そうした疑問って、ありますよね。

 

ここでは、潤滑ゼリーの使い方など、注目のハローベビーゼリーを例に挙げて基本的な知識をご紹介していきたいと思います。

 

潤滑ゼリーの使い方とは?

ハローベビーゼリー使い方

それでは、潤滑ゼリーの使い方を説明しましょう。
今回は、潤滑ゼリーの中でも特に人気のあるハローベビーゼリーを例としてご紹介していきたいと思います。

 

と言っても、使い方はとてもシンプルです。
膣内に容器を挿入したら、あとはピストンを押して膣の中に潤滑ゼリーを出せばOKです。
潤滑ゼリーを出し終わったら、ゆっくりと容器を膣から引きぬきましょう。

 

どうして潤滑ゼリーが必要なの?

元々、潤滑ゼリーは性行為をしやすくするためのアイテムです。
そのため、挿入するときに痛みや違和感、きしみがあったり、行為中にあまり気持ちよさを感じられなかったりする人がより良い性行為をすることができるようになるために作られたものです。

 

また、最近ではハローベビーゼリーのような子供の産み分けができる効果が期待できる潤滑ゼリーも登場し、その必要性はより広いものとなっています。

 

潤滑ゼリーはどんな人におすすめなの?

潤滑ゼリーのハローベビーゼリー

前述したとおり、基本的に潤滑ゼリーは

  • 行為の挿入時に痛みや違和感を伴ってしまう人
  • 行為中に体がこわばって痛かったり気持ちよく感じられない人

上記のような方がより気持ちのよい性行為をしやすくなるようなサポートアイテム。
ですので、そのような悩みを抱えている人におすすめできるものです。

 

ただ、潤滑ゼリーでもハローベビーゼリーのように子供の産み分けが可能とされているものがあります。
これは、子供を作る予定があり、尚且つ女の子がほしい、或いは男の子がほしい…と思っている人におすすめの潤滑ゼリーとなっています。

 

このようなタイプの潤滑ゼリーであれば、性行為のサポートはもちろんのこと、将来のことを考えて子供の産み分けを実践していくことも可能であるため、非常に便利です。

 

行為中の悩みがなくとも、子供の産み分けで悩んでいる人にもおすすめできると言えるでしょう。


このページの先頭へ戻る