潤滑ゼリーを使用するメリット・デメリット

潤滑ゼリーを使用するメリット・デメリット

近年、産み分け出来る潤滑ゼリーとして注目されているハローベビーゼリー。
興味はあるけど、良い所ばかりじゃないだろう…と考える人も多いと思います。

 

何事にもメリットがあればデメリットも存在するもの。
でも、重要なのはそのデメリットをカバーできるだけのメリットがあるかどうか、ですね。

 

それでは、ハローベビーゼリーのメリットとデメリットを比較してみましょう。
ハローベビーゼリー

 

ハローベビーゼリーのメリットは?

一番は何より赤ちゃんの産み分けが可能なところ!

ハローベビーゼリーの最大の特徴且つメリットは赤ちゃんの産み分けが出来るというところでしょう。

 

普通の潤滑ゼリーにはそのような効果を期待することはできませんが、ハローベビーゼリーなら気持よく使った上に赤ちゃんの産み分けも考えることが出来ます。

 

完全国内生産で安心安全!

ハローベビーゼリーは国内で製造され、販売されているものです。
中国産と言われているピンクゼリーなど、他の産み分けゼリーのように海外で生産されているわけではありません。

 

海外生産となるとどうしても品質問題などが心配になってしまうものです。
しかし、国内で生産されているハローベビーゼリーは品質なども安心して使用することができます。

 

衛生的で安心して使える

ハローベビーゼリーのシリンジは個包装になっており、一回ごとに使い切りタイプとなっています。
同じシリンジを何度も使いまわさなければならないわけではないので、非常に衛生的です。

 

サイトで成分を見ることが可能!

ハローベビーゼリーの公式サイトでは、ゼリーに使われている成分がしっかり表示されています。
ピンクゼリーのように成分が未表示で不安を抱くこともないでしょう。

 

ハローベビーゼリーのデメリットは?

行為前の準備が必要だから雰囲気が壊れる可能性も?

ハローベビーゼリーは行為前に膣の中にゼリーを挿入する必要があります。

 

そのため、行為前のムードが壊れてしまうことになるかもしれません。
とはいえ、最初に湯煎にかけたりしなければならないわけではありませんので、そこまで大幅にムードを壊すものでもないでしょう。

 

100%産み分けが成功するとは限らない

ハローベビーゼリーも、使ったからといって必ず産み分けが成功するというわけではありません。
特に条件が上手く重ならなかったりしてしまうとどうしても失敗してしまう可能性があります。

 

ただし、これは病院で処方されている産み分けの薬や他の産み分けゼリーにも同じことが言えるのです。

 

産み分けを行うにはタイミングなどに気をつけなければならない

これも、他の産み分けゼリーなどと同じです。どのケースでも排卵日などを意識して、より良いタイミングで使うことが求められます。

 

このように、メリットとデメリットを見比べてみると、ハローベビーゼリーの場合はデメリットをカバーできるだけのメリットが存在していることがわかります。

 

デメリットは他の産み分け可能な潤滑ゼリーにも存在するものばかりですので、やはり他の商品にはない国内産の安心性、衛生面の配慮など、オリジナルのメリットがあるところこそ、ハローベビーゼリーが人気な秘訣といえるでしょう。


このページの先頭へ戻る